あらゆる「動き」に気の配られた空間。
そこでは人が動き、モノが動き、そしてなにより人の感情が大きく動いている…。
多くの人が楽しむイベントには人の動きを意識したモノの配置や会場づくりが必要なもの…、
私たちがアドバイスいたします。
 主なイベント
・春の野球大会 ・家族招待会 ・発表会
・パレード ・講演会 ・海遊び ・納涼大会
・夏まつり ・組合大会 ・博覧会
・体育祭 ・ゴルフ大会 ・慰安会
・感謝祭 ・文化祭 ・市民祭 ・美術展
・内覧会 ・冬のスポーツ大会
・展示即売会 ・歳末大売出し ・産業祭
 イベントの準備とチェックポイント
1. 企画プランニング
動機、目的を考える。
ターゲット・お客の層を搾る。
日時はいつ頃にするかを設定する。
予算計画を立てる。
招待者を選定する。
交通手段を決める。
タイムスケジュールを立てる。
効果的な宣伝方法を考える。
場所は仮設にするのか既存のホール
 にするのかを決定する。
2.基本設計
動線計画を立てる。
平面配置を考える。
完成予想図を作成する。
会場の模型をつくる。
仕様概要を決める。

3.実施設計
会場の平・立・断面図を作成する。
各部の詳細図を製作する。
電線配線図を作る。
給排水図を描く。
諸官庁に行き申請の手続きを行う。

4.工場製作
大工作業や経師・塗装をする。
看板などを製作する。
照明器具の組み立てや、造園を行う。
スタッフで集まりミーティングする。
在庫備品をチェックする。
仕上がりをチェックする。
梱包する。

5.現場施工
現場養生方法を使用する。 備品を配布する。 現場のチェックをする。
6.オープン
イベントを行う。
7.撤収
復元工事をする。 会場を引き渡しする。
8.追加調査