長い歳月に磨かれたの形式美の中、人はいつにない静けさに包まれる。
それは単なる通過点ではなく新たな一歩を踏み出し、幸せな未来を願う敬虔なひととき…。
古来から伝わる伝統的な祭式には、式次第をはじめ細々とした決まり事が多いもの。
経験豊かな私たちにおまかせください。
 祭式の要綱
・斎田の清祓 ・播種祭 ・田植祭 ・抜穂祭
・釿始祭 ・立柱祭 ・御木曳式
・橋梁竣功祭(渡初式 ・水道竣功祭(通水式)・道路鉄道竣功祭(開通式)
・水道場開場式(附山開き祭)
・事業場並に機械器具新祓清祓式
・火入祭 ・造船起工祭
・造船進水式(命名式)
・造船竣功祭(船霊奉安祭)・建碑除幕式
・安産祈願祭(着帯式) ・命名式
・初宮詣 ・七五三祭 ・成人祭
・節分祭(追儺式) ・御煤沸神事
 祭式典の準備
1.神職の依頼
神職の人数規模または格式などにより楽人、童女の必要の有無が異なります。
2.神饌の調達
神宮に一式依頼することをおすすめします。
3.神具の借入
4.神職の送迎
式場には30分くらい前に到着するよう道中の時間(特にラッシュ時注意)を十分調べて迎へ車を手配します、帰りも同様です。
5.玉串の本数
前もって施主側と打ち合わせの上神宮に連絡します。
6.祝詞に入れる文句
工事名、施主名、設計者名、施工者名を施主側と十分打ち合わせの上、間違いのないように神宮に前もって連絡します。
7.費用の打ち合わせ
誓約書によりますが普通は地鎮祭は施工者にて負担いたしますが、上棟式、定礎式、竣工式など施主希望によって行われる式典については施主側負担が普通です。(神事及び直会々場設営及びその他の費用一式)
8.出席者
前もって施主側担当者と十分打合わせし、名簿を作成します。この場合出来れば玉串奉尊者名を打合せ決定します。
9.挨拶状
必要の有無を打ち合わせします。
10.人員配置
必要に応じて受付・案内・携帯品預かり・駐車場直会・進行係を決めます。
11.着席位置
必要ならば席に氏名を表示します。
12.写真及び記念品
必要の有無を打ち合わせします。
13.胸章の用意
必要の有無を打ち合わせします。
14.式場
出席者の数により適当な天幕(テント)をはります。(斎場をのぞき3.3?(1坪)あたり4人で計算をします)
15.その他
笹竹、シメ縄、盛砂、鎌、鍬などを用意します。(地鎮祭)。
直会の程度によって折詰、飲み物を用意します。
奉献酒(2本入)1箱を用意します。