祭式の豆知識
【先勝】(せんしょう)
万事急ぐを吉とし、午前を吉、午後を凶とする日。

【友引】(ともびき)
なにごとをしても勝ち負けがないといわれる日。この日に葬式を出すと、他人の死をさそうといって嫌う。

【先負】(せんぷ)
万事に平静を吉とし、午前は凶、午後は吉とする日。
【仏滅】(ぶつめつ)
仏の入滅。釈迦(しゃか)の死。万事に凶とする大悪日。仏滅日。

【大安】(たいあん)
万事によいとされる日。「〜吉日」

【赤口】(しゃっこう・しゃっく)
大凶の日だが、正午だけは吉とされる。
昔の暦には、日付や天文現象の予報以外に、日時の吉凶・禁忌などの迷信的な事柄が多く書き込まれていました。これを暦注といいます。暦注は中国の陰陽五行説、十二支十干説などに由来するものがほとんどで、これは西洋でいう占星術にあたります。
現代でいうところの占いといった程度のものですが、昔はこのような暦注でも、現代よりずっと生活に密着した存在でした。
「結婚式は大安に」のように、冠婚葬祭の日取りを決める際には欠かせない六曜(または、六輝)。旧暦と言えば六曜というくらい現在では旧暦と結びついていますが、日常に旧暦が使われていた江戸時代などでは、ほとんど注意されることのない暦注でした。というのも、六曜は下記の表に示した、簡単な規則で日付に割り振られていたので、あまりに当たり前であったため、ありがたみも無かったのでしょう。
六曜は、旧暦の各月の一日を、下の表に示したものとし、そこから順に、「先勝 →友引 → 先負 →仏滅→ 大安→赤口」とし、これを繰り返していきます。このことから、旧暦の月と日付がわかれば、六曜は次のようにして簡単に知ることが出来ます。
暦や暦注の多くが中国から渡来したものですが、六曜の原型と思われる小六壬も同様に中国から渡ってきた
ものでした。ですが、この小六壬の配置、名称は次のとおりで現在の六曜とはだいぶ違います。
小吉 →空亡→ 大安→ 留連 →速喜→ 赤口
名称としては、大安と赤口以外、現在と異なります。本家中国において、日の吉凶などの説を説いた書物には、「その義とるに足らず」と書かれているそうで、ほとんど顧みられることが無かったようです。
我が国においても、六曜が官許(正式に認められた)の暦に掲載されたことは、一度もありません。
明治の改暦以後、それまでの暦注が暦から消えていった後、それまで誰も見向きもしなかった六曜が、暦の上に姿を現してきました。太陽暦では、月の朔の日付がすぐにはわからないため、六曜の配置がなにか特別なもののように思え、ありがたがられているようですが、江戸時代の人が「大安」をありがたがっていたかどうかは定かではありません。
地鎮祭(吉日(大安・先勝など)を選び神宮を招いて施祭します)
敷地内に下記の要領に従って式場を設けます。
1.天幕(参列者数によって異なります)
2.鯨幕…1枚・紅白幕…2枚
3.笹竹…5本・注連縄…1束
4.祭具一式(祭壇、三方、土器、カワラケ、榊玉串、鎌、鍬、手水桶、盛砂、敷砂、式次第)
5.規模に応じて折りたたみ椅子、机などを用意します。
6.供え物及び榊はその都度神官に依頼すると便利です。なお、供え方は下記に準じてください。
1.参列社各自手水を行います(社員一人が手桶より柄杓にて掛水を行い、他の一人が手をぬぐう半紙を渡します)。
2.順序に従い席へ誘導します(神前から向かって左側内より施主代表以下。神前から向かって右側内より設計管理者、施工者代表以下)。
上棟式(主に木造建築の場合に行われますが近代建築にも応用します)
祭壇、三方、土器(カワラケとも)、笹竹、注連縄、榊(玉串とも)、墨、曲尺、斧、扇子車、破魔弓、破魔矢、曳網、棟札、木槌などを用意します。

(式場は地鎮祭に準じ、1階または屋上の適当な場所に祭壇を設けます)
1.墨、曲尺、斧及び破魔弓、破魔矢、棟札、木槌を神前に供えます。
2.扇子車はあらかじめ棟木に安置しておきます。3.曳網はあらかじめ棟木に結び一端を垂らしておきます。
(上棟の儀の他は地鎮祭に準じてください)
1.神官から曳網を施主が拝受し、その左右の役の者が列び振弊役(工事主任)が「千歳棟(センザイトウ)・万歳棟(マンザイトウ)・永々棟(エイエイトウ)」と発声しその都度、「応(オウ)」と答えて綱を引く所作をします。
2.次に弋工、大工の世話役の中より役の者が棟木に上がり、振弊役(工事主任)が「千歳棟・万歳棟・永々棟」と発声しその都度、「応」と答えて棟木を打つ所作をします。(??は現在ではあまり行いません)
3.棟札を神官から施主が拝受して施工者代表に渡します。施工者代表は大工の棟梁に渡し棟木に奉納します。


主催者も胸章をつける場合は、「来賓が赤・主 催者は白」が一般的です。
リボン胸章の大きさは、会場の広さを考えなが ら決めるのがポイントです。
祝辞をいただく来賓とそうでない来賓のリボン の大きさを変えることもあります。
春にはピンクなどの淡い色・秋には黄色系の色 を選ぶ、という季節に合った色の選び方もあり ます。
安全ピンタイプはつけるのが面倒という方へ、 ルーペ付ペーパーナイフを使うととても簡単で す。